« 雨男キャンパーは降水確率30%を覆せるか | トップページ | 丸いポスト »

DUNLOP R-224

手持ちの小型&中型テントであるムーンライト 1 & 3 が黴臭くなっていたので中間的なサイズのテントを新調した。

ダンロップ R-244
ダンロップ R-244

オートバイでのキャンプでは横側に出入り口があったほうが荷物の出し入れに便利なので手頃な価格と大きさのダンロップテントを買う事にした。自転車や歩きでは軽量かつコンパクトな物が良いがオートバイでは積載量に融通がきくのでこのダンロップのテントは都合が良い。

今回、選んだテントは DUNLOP R-224、色はモスグリーンだ。床のサイズは 120×210cm と独り+荷物には大き過ぎないサイズだと思う。

設営途中のテント
設営途中のテント

ファスナー付のバッグに本体、フライ、袋に入ったポール、袋に入ったペグ&張り綱、そして説明書が入っている。収納バッグのサイズはある程度ゆとりがあり、グラウンドシートやラバーハンマーが余裕で入る。

設営はサイズが小さいのもあって簡単だ。まずは本体の四隅をペグで仮止めして角にあるスリーブにポールを差し込む。

ポールを 2本差し込むとポールが立ち上がるので手で支えておく手間が省けるのは良いデザインだ。

更に続きがあります ≫
 

タグ:
 

iconicon

ダンロップ(DUNLOP)ツーリングテント・R-224 icon
 
アウトドア&フィッシング ナチュラム
 
ダンロップ(DUNLOP) ツーリングテント・R225
ダンロップ(DUNLOP) ツーリングテント・R225
モデルチェンジしてフライシートの色が変わりました。
その他のダンロップ ツーリングテント:
  ダンロップ(DUNLOP) ツーリングテント・R325
  ダンロップ(DUNLOP) ツーリングテント・R125
 
 

|

« 雨男キャンパーは降水確率30%を覆せるか | トップページ | 丸いポスト »

キャンプグッズ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。